2019年メディア寄稿まとめ

山口美央子の神秘なる音世界――トリプルファイヤー鳥居、ミツメnakayaan、パソコン音楽クラブ柴田からコメント | Mikiki

80年代にシティ・ポップとシンセ・ポップを横断する独自の作品を作り上げ、〈シンセの歌姫〉と謳われた山口美央子。アイドルを中心に多くの歌手への提供曲でも知られていた彼女の音楽は、2010年代後半にYouTubeなどを介して国内外で再び注目を集めはじめた。 …

Rolling Stone Japan「モヤモヤリズム考 − パンツの中の蟻を探して」(連載)

クルアンビンは米が美味しい定食屋!? トリプルファイヤー鳥居真道が語り尽くすリズムの妙 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

ファンクやソウルのリズムを取り入れたビートに、等身大で耳に引っかかる歌詞を載せて歌う4人組ロックバンド、トリプルファイヤー 。ヴォーカル吉田靖直のナンセンスな歌詞に注目が集まることが多いが、「高田馬場のJOY …

高速道路のジャンクションのような構造、鳥居真道がファンクの金字塔を解き明かす | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

ファンクやソウルのリズムを取り入れたビートに、等身大で耳に引っかかる歌詞を載せて歌う4人組ロックバンド、トリプルファイヤーの音楽ブレインであるギタリスト・鳥居真道による連載「モヤモヤリズム考 − パンツの中の蟻を探して」。クルアンビンの楽曲を考察した前回に続き、第2回となる今回はファンクの金字塔でもある「Get Up (I Feel Like Being A) Sex …

細野晴臣「CHOO-CHOOガタゴト」はおっちゃんのリズム前哨戦? 鳥居真道が徹底分析 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

ファンクやソウルのリズムを取り入れたビートに、等身大で耳に引っかかる歌詞を載せて歌う4人組ロックバンド、トリプルファイヤーの音楽ブレインであるギタリスト・鳥居真道による連載「モヤモヤリズム考 − パンツの中の蟻を探して」。クルアンビン、ジェイムス・ブラウンの楽曲考察に続き、第3回となる今回は本連載タイトルの本ネタを生み出した細野晴臣の楽曲を徹底考察します。 …

FNMNL 「今月の25曲」(連載)

お問い合わせ・ご連絡はこちらから