「新年会」

1月18日、新宿ロフトのバースペースにてトリプルファイヤーの企画。「新年会」と銘打った公演は、日曜の昼間にライブをつまみにしてお酒とカレーをおいしく頂こうというものであった。

企画の前日、スタジオで開場から開演までの1時間を何に使うかということが話し合われた。最終的に大垣くんが会場で関係者を捕まえて壇上に上げさせ一緒にトークをするというコーナーに決まり、いつもの流れで私がトーク中のBGMを選ぶことになった。

当日、トークが弾み、スプーンが進むことを願って、60年代後半から70年代前半かけての南部寄りのR&Bおよびソウルのヒット曲を中心に流したのだ が、これが最高だった。選曲云々はすこぶるどうでも良く、中身の一曲一曲が本当に素晴らしい。底抜けに楽しい。一生モノの音楽という感じがする。

しかし、この手の音楽は今、服のスタイルに例えると「ラギッド」のようなポジションにあるような気がするがどうだろう。それが良いことなのか悪いことなのかはわからない。

Tighten Up, Pt. 1 / Archie Bell & the Drells
Groovin’ / Booker T. & The MG’s
Don’t You Just Know It / Huey “Piano” Smith & His Clowns
Knock On Wood / Eddie Floyd
Land Of 1000 Dances / Steve Cropper
Hold On, I’m Comin’ / Herbie Mann
I Gotcha / Joe Tex
Supermellow / Paul Humphrey
Occapella / Lee Dorsey
Chicken Strut / The Meters
Express Yourself / Charles Wright & The Watts 103rd Street Rhythm Band
Funky Nassau (Part 1) / The Beginning Of The End
I’ll Take You There / The Staple Singers
Memphis Soul Stew / King Curtis
Sweet Soul Music / Arthur Conley
It’s All Over Now / The Valentinos
A Shot Of Rhythm & Blues / Clyde McPhatter
Under The Boardwalk / The Drifters
Wearin’ That Loved On Look / Elvis Presley
Respect / Aretha Franklin
Funky Broadway / Wilson Pickett
Proud Mary / The Voices Of East Harlem
Soul Man / Sam & Dave

 

notoriious