ダンシング クラブ

mjg

「ダンシング クラブ」にお越しいただいた皆様。誠にありがとうございます。本日は恒例の「私しゃ富山の押し売り男」シリーズこと場内BGMについてです。

「ダンシング クラブ」というタイトルに因んで、ディスコ・ミュージック、今様に言うとブギーに振り分けられるブラック・ミュージックを中心に集めました。1979年から1986年にかけてのヒット曲ばかりです。選曲はGTAに登場する架空のラジオ局を参考にしてみました。まあディスコと言っても口当たりの良い軽めのものよりは、ドロっとしたファンク的なものが多いと思われます。だからディスコと言うよりはポスト・ディスコと言ったほうが通りが良いのかもしれません。細かいジャンルの定義付けはよくわかりません。

70年代後半から80年代前半にかけてのブラック・ミュージックに関しては、去年一昨年に安いという理由で中古のベスト盤を手当たり次第に買い続け、結局消化できずにおり、4月当初の担任の先生のような状態、つまり生徒の顔と名前がしっかり一致していない状態で放置してしまっていたのですが、今回の作業を通じて若干マッピングされたというか、煩雑に並べられていたものが整理されたところがあります。言ってみれば、自分が入門するところを人様に付き合っていただいたわけです。

この手の曲は5分以上なんてのがざらなので、曲をたくさん流そうとした場合どうしてもエディットせざるを得ません。適当なところでフェードアウトさせて次の曲を頭から流す、とやっても良かったんですが、「BPMを合わせてちゃんとつないだ方が良いんじゃないの?」という声がどこからか聞こえてきたので、仕方なくその声に従ってLogicと格闘しながら見様見真似でそれらしくなるようにやってみました。1曲につき1分〜2分ぐらいの長さでテンポ良くやりたかったのですが、曲が増えれば増えるほど作業の時間がかかります。こんな調子では間に合わんと考え、1曲を3〜4分にすることでなんとか完成させることができました。こういうのって選曲にしても門外漢にはわからない微妙なマナーがあると思うんですがこの際無視です。初学者故に至らぬ点もたくさんあったでしょうがご容赦いただけると幸いです。

He’s The Greatest Dancer – Sister Sledge
Stomp! – The Brothers Johnson
Get Tough – Kleeer
Let’s Get Serious – Jermaine Jackson
In My House – The Mary Jane Girls
Fantastic Voyage – Lakeside
Burn Rubber On Me (Why You Wanna Hurt Me) – The Gap Band
(Not Just) Knee Deep – Funkadelic
Move Your Boogie Body – The Bar-Kays
Good Times – Chic
The Glow Of Love – Change Feat. Luther Vandross
Foreigner Of Love – Contrast
Feel My Love – Slave
Rock With You – Michael Jackson
Ghetto Life – Rick James
Automatic – The Pointer Sisters
Kiss – Prince & The Revolution
Single Life – Cameo
I’ll Be Good – René & Angela
The Finest – S.O.S. Band
Rapture – Blondie

 

notoriious