ぼくは宣伝と告知がすき

近頃、長いだとか粘液性だとか言う声を、私の頭の中のアンテナが次々に受信しており、自分としては何ら問題はないのだけれど、仕方がないので、今回は趣向を変えてやってみたいと思います。

『スカート”CALL”発売記念ワンマンライブ』に参加

昨年12月の頭頃だったか、作業に煮詰まってしまったぼくは、ライフのノートを閉じて、散歩がてらに銀座まで出かけて行き、イエナ洋書店で注文していた本を受け取って、喫茶店に寄り道でもしようかしらん、なんてことを特に考えたりせずに過ごしていたら、突然スカートの澤部君から連絡があった。『今レコーディング中なんだけど、明日、ギターを持ってスタジオに遊びに来ませんか?』とのお誘いに、ぼくは一も二もなく『いきます!』と返事したのだった。

翌日、2002年製のフェンダー・ストラトキャスターを担いで青葉台にある某レコーディング・スタジオまで出かけて行った。

レコーディングスタジオに向かうとき、ぼくはきまって緊張してしまう。レコーディング・スタジオは住宅街にあることが多く、その上、看板を出しているところなんてほとんどないので、建物を見つけるにも一苦労だ。さらに、入り口がわかりにくいことも多いし、建物に入ってからも、誰かがいる部屋までたどり着くのに難儀するなんてことがザラにある。機材を持って行ったり来たりしていると冬場であっても汗をかいてしまって大変だ。

それに加えて、あの物々しく重たい扉もなかなか手ごわい。いざ開けてみると、そこは全然知らない人たちの現場で、怪訝そうな眼差しを一身に浴びせられる。そんなことがあったらどうしようという不安で足がすくんでしまう。

ノーマン・メーラーがいうには『なにが起ころうとクールcoolでいられるのがヒップだ』とのことである。勇気を出してそっとドアを開けてみると、淡いピンクのセーターを着た澤部君が指示を飛ばしている姿が飛び込んできた。それでぼくはひとまず安心した。そのときちょうど清水君がブースに入ってベースを録っているところだった。その次がぼくの番だった。ぼくのギター録りが終わると、今度はシマダボーイのパーカッションの録音。その前に澤部くんのワウペダルを使ったパートを録ったかもしれない。

その後は特に予定もなかったし、レコーディング・スタジオの中で音響機器に囲まれていると、なんだか気分が良いということもあって、そのままレコーディングの様子を見学させてもらうことにした。おまけに出前まで頂いてしまった。ごちそうさまでした!

マスタリングを終えたばかりだという「CALL」のデータを澤部君が送ってくれたのは、新代田にあるライブハウスのフィーバーでトクマルさんの企画に出演しているときだった。

スカートの「CALL」の発売日は、奇しくもトクマルさんの新しいシングル「hikageno/Vektor」と同日の4月20日。「hikageno/Vektor」に収録されたDVDにぼくの姿がちらっと映っているとのことだ。これはまことに情けないことだが、ぼくは自分の姿を映像で見ているとなんだか落ち着かないので、まだこのDVDを見ることができていない。しかし、ほんの一瞬のことだろうから、そんな理由でこのDVDを観ないのはきっと損をしていることだろう。

さて、「CALL」が発売された今、その評判は皆さんご存知の通り。スカートの成し遂げた偉業に参加できたなんて、これほど嬉しいことはない。さらにレコ発ワンマンにも参加させてもらうことになった。弦も入るとのことで、これは興奮せざるを得ない。チケットは売り切れ寸前だそうです。

『スカート”CALL”発売記念ワンマンライブ』

5月27日(金)
出演:スカート/DJ:臼山田洋オーケストラ
OPEN/START:18:30 / 19:30
ADV./DOOR:¥3,000 / ¥3,500 (税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)
http://www-shibuya.jp/schedule/1605/006570.html

ピーター・バラカンさんとイベント

なんとピーター・バラカンさんとイベントでご一緒させていただくことになった。イベントの内容は、Back to Backという交互に一曲ずつ流していくというスタイルで進めていくものだ。

ぼくがまだ中学生だった頃、そしてM-ONがまだViewsicだった頃、ピーターさんは「pbs(ピーター・バラカン・ショー)」という番組をやっておられた。たしか番組のオープニングは白ホリで撮られたデッサン人形の映像だったと思う。その映像と一緒に流れていたジェイムズ・ブラウンの「ファンキー・ドラマー」のイントロがとにかく洒落ていて、とても印象に残っている。その頃はまだその曲が誰の何という曲なのかも知らなかった。

その番組の中でピーターさんが紹介されていたPVのうち、ぼくが覚えているのは、トム・トム・クラブの「おしゃべり魔女」とトーキング・ヘッズの「ワンス・イン・ア・ライフタイム」、ダイアー・ストレイツの「マネー・フォー・ナッシング」で、これは全て同じ回で流れたものかもしれない。

60年代・70年代のソウルやR&Bを少しずつ聴くようになった頃、折良くピーターさんの書かれた「魂(ソウル)のゆくえ」が復刊となったので、すぐさま入手した。大学の近くのシャノアールで一気に読んだ記憶がある。ソウルやR&Bに興味がある人には「魂のゆくえ」を読んでみることをおすすめする。リーゼント・ヘアのジェイムズ・ブラウンが描かれたクラフト紙のカバーが目印だ。四六判で300ページ弱。ところで、厚みという観点からいうと、ぼくは300ページぐらいの本が好きで、サイズは四六判か文庫。これに限る。

ピーターさんの「魂のゆくえ」、それと、音楽ライターの小尾隆さんが70年代のアメリカン・ロックについて書かかれた名著「Songs」は、自分にとって羅針盤のような本で、いつでも座右に置いておきたい二冊だ。

イベント自体がどうなるのか、当日になってみないことにはわからない。お題のないB2Bで、しかもお相手はピーター・バラカンさんなので、もちろん緊張はするけれど、ただひたすら楽しみだ。会場は「選曲管理委員会」と同じくcafe104.5です。

Music Voyage DJ 6.7 tue.

6月7日(火)
cafe104.5
DJ: ピーター・バラカン、鳥居真道
入場無料

当日、ふらっと行ってみたら満席で入れなかった、という可能性もあるので、ご予約をおすすめします。ご予約は会場のcafe104.5(03-3251-1045)までご連絡ください。

Music Voyage DJ 6.7 tue.

新間P「不明なアーティスト」に出演します

もう一つ、告知をさせていただこう。学生時代の先輩である新間さんのお誘いで、「不明なアーティスト」というイベントに出演します。池田若菜さんとご一緒させていただくこととなった。こちらは日が近づいたらまた改めて告知したいと思う。

新間P「不明なアーティスト」

6月20日(月)
高円寺円盤
出演:鳥居真道 / 池田若菜
聞き手:柴崎祐二
2000円(1D+カレー込)
20時開演
トーク&ライブ

書き終えてみたら結局3000字を超えてしまったではないか。なにはさておき、以上よろしくお願いします!

 

notoriious