「底辺にfix」 3/1 秋葉原Club Goodman

去る3月1日、のびたさんとたっちさんの企画「底辺にfix」にて幕間BGMの選定を行ってまいりました。

以前、H MountainsのKJ氏から誘われて同じくグッドマンでDJをした際に、たっちさんが私の選曲を気に入ってくれたのがキッカケで今回お声がけいただいのであります。選曲の機会を与えていただけるのは実に嬉しいことです。ちなみに告知などに記載されていた「選曲家鳥居」という名のゴッドマザーもたっちさんです。

私が「選曲家」という肩書を初めて目にしたのは桑原茂一さんのインタビュー記事に添えられたプロフィールを見たときでした。「世の中にはそんな肩書があるんだなあ。僕もなれたらいいなあ、選曲家。」などと安易に考えたものです。そして、「日本音楽選曲家協会」なるものを知りました。発起人はやはり桑原茂一さんです。そんな立派な協会を前に私なんぞが選曲家と名乗るのはいささか身の縮む思いです。これからはアマチュア選曲家、略して「アマ選」と名乗ろうか、などと考えている啓蟄の候であります。

終演後、たっちさんよりプレイリストをブログにあげてほしいとの声をいただいたので記憶を頼りにここに記していこうと思います。ちなみにリストの見方ですが、左からアーティスト名、曲名、収録アルバム名となっております。

・開場

Marcos Valle – “Flamengo Ate Morrer” – Previsao Do Tempo
Ron Davies – “Misty Roses” – U. F. O.
Kevin Ayers – “Town Feeling” – Joy Of A Toy
Gregory Allan Fitzpatrick –  “Andra Satsen” – Snorungarnas Symfoni
ZNR – “Enchevetrement Desordonne” – Traite DeAndrea Satsen Mecanique Populaire
Moebius & Plank – “Two Oldtimers” Rastakraut Pasta
Shuggie Otis – “Sparkle City” – Inspiration Information
The Workshop – “You Can be Good At Things” – Welcome Back To Workshop

・堀田ダチオ

Kid Creole & The Coconuts – “There’s Something Wrong In Paradise” – ZE Records Story 1979>2009
Malcolm McLaren – “Double Dutch” – Duck Rock

・H Mountains

Yoko Ono – “Give Me Something” – Double Fantasy
John Lennon – “Clean Up Time” – Double Fantasy
Rick James – “Cold Blooded” – Bustin” Out
Tom Tom Club – “Wordy Rappinghood” – Tom Tom Club

・HALF SPORTS

Silver Apples – “You And I” – Contact
Picchio Dal Pozzo – “Strativari” – Abbiamo Tutti I Suoi Problemi
Aksak Maboul – “Bosses De Crosses” – Un Peu de l”Ame des Bandits

・空間現代

Jingo – “Fever” – Afro-Rock – A collection of rare and unreleased Afro-Beat quarried from across the continent (Vol.1)
Lijadu Sisters – “Danger” – Danger 
Biginning Of The End – “Funky Nassau Part1 – Funky Nassau
Kid Creole & The Coconuts – “I’m a Wonderful Thing, Baby” – Tropical Gangster
Tom Tom Club – “Genius Of Love” – Tom Tom Club

・KIRIHITO

Timmy Thomas – “Why Can’t We Live Together” – Why Can’t We Live Together: The Best Of The TK Years 1972-“81
Todd Rundgren – “A Dream Goes On Forever” – Todd
Shuggie Otis – “Strawberry letter 23” – Inspiration Information
Makers – “Don”t Challenge Me” – Personal Space: Electronic Soul 1974-1984
Young Marble Giants – “Ode to Booker T” – Colossal Youth
Die Doraus & Die Marinas – “Fred vom Jupiter” – Ernte
Steely Dan – “Deacon Blues” – Aja
Novos Baianos – “Tinindo-Trincado” – Brazil ’70
The Meters – “Sing A Simple Song” – The Meters
Muffins – “The Adventures of Captain Boomerang (for Mike Forrester)” – Manna Mirage
Contrast – “Street Talk” – Tantalize

・終演

今まで4回程DJをする機会がありましたが今回が最長でした。ここに来て余裕や欲も出てきたと同時に、至らない点も目につくようになりました。ひとまず初心に立ち戻りたいと思います。あの頃はミキサーに触れる手も震えていました。人生はスリル。ああいったビクビクを友としたいものです。再び機会があるのか全くもって不明ですが、次があるのならば、これが最後だと心して挑むことにします。

ところで、企画名の「底辺にfix」ですが、これは業界用語でしょうか。夙川アトムがネタの中で「テッペン、フィックスで」と言っていたのを思い出しました。

 

notoriious