【Playlist】Ultimate Party Apr 26, 2018

昨日はトリプルファイヤーPresents「アルティメットパーティー5」 にお越しいただき誠にありがとうございます。

さて、恒例の「趣味の押し売り」「音楽性の公私混同」こと開場BGMのプレイリストです。今回のテーマは「ラテン風味のR&Bおよびポップス、あるいはR&Bクラシックスとそれ以外。これらを大らかな気持ちで混ぜる」です。60年代前半にイギリスの駆け出しミュージシャン達が熱を上げ、実際に彼らのレパートリーにもなっていたアメリカ産のR&Bクラシックスのことが、私はとっても好きなんです。好きなんですけれど、ベーシックすぎて、というかベタすぎて意識せずに暮らしてしまっています。

いささか唐突ですが、飲食店に入ったときにBGMとして流れていたら嬉しい音楽のジャンルの一位が何かと申すと、それは(あまり好きな呼称ではありませんが)オールディーズです。もしかするとトリプルファイヤーのライブを観に来た人の中に同じような趣味の持ち主がいるかもしれない。開演前のフロアに足を踏み入れて「あ!(あまり好きな呼称ではないが)オールディーズだ!」と高まる人がいるかもしれない。そんな存在するのかしないのかまったくもって不明な人に向けてこれらの曲を選びました。その下敷きになっているのは第一回目の「選曲管理委員会」のプレイリストです。

選曲管理委員会 [Feb. 16, 2016]

こうしてまとめて聴いてみるとその骨格のシンプルさは昨今のトラップっぽいなんてことを思ったりもしますが、それはさすがに飛躍があるかもしれません。ニューオリンズっぽいあのピアノのコロコロコロと単音を続けて鳴らす奏法(なんて名前なんですか?)もトラップを特徴付ける808のハットの細かい刻みっぽい。なんてことも言えそうですが、あまり有機的なこじつけではないように感じます。

これはステレオタイプな聴き方かもしれませんが、音の質感が不良っぽいというかワルそうだと改めて感じました。50年ほど前の音楽ではありますが、少なくとも聴覚上においては「おじさん」っぽい音楽だとは思いません。

テーマの一部である「ラテン風味のR&Bおよびポップス」に関連しまして、「ロックもラテンのなれの果て」という細野晴臣の発言とロックの大クラシック”Louie Louie”の成り立ちをこじつけて書いた記事を紹介したいと思います。題して『Louie Louieの勉強「ルイ・ルイ・シー・クルーズ」』。「地平線の階段」へのリスペクトの心を持って書きました。もう4年も前の記事なのか。当ブログの1日あたりのPV数が一桁のときに誰に頼まれたわけでもなくこれを書いているから我ながら涙がちょちょ切れんばかりです。

Louie Louieの勉強「ルイ・ルイ・シー・クルーズ」

音楽の話を振られて答えると「ちゃんとお勉強してて偉いねえ」みたいなことを言われることが度々ありました。そういう物言いに対して意地になって書いた記憶があります。(こうした選曲も含め、自分に似た人間が後からこういう界隈にやって来たときに、心地よいと感じたり、安心できる環境を作っておきたいと思って取り組んできました。なんていうと口幅ったいし半分ぐらい後付けではありますが、そうでも思ってなきゃやってられない。)分母に豊潤さを抱えたものとしての音楽を称揚したかったのです。もちろん当該記事で書いている内容は自分の新たな発見ではなく、「”Louie Louie”ってなんかラテンぽくない?」と感じてちょっと調べてみたら元はラテン的なものだったということがわかり、その定説をまとめたものであります。お暇なときに読んでいただけると幸いです。

以下本題であるところの開場BGMのプレイリストです。

  1. These Boots Are Made For Walkin’ – Nancy Sinatra
  2. The Point – Dr. John
  3. Secret Agent Man – Mel Tormé
  4. Bond Street – Burt Bacharach
  5. Tell Him – The Exciters
  6. Give Him A Great Big Kiss – The Shangri-Las
  7. Runaway – Del Shannon
  8. (Everytime I Hear) That Mellow Saxophone – Roy Montrell
  9. What’d I Say, Pts. 1 – Ray Charles
  10. Some Other Guy – Richie Barrett
  11. Watch Your Step – Bobby Parker
  12. Susie Q – Dale Hawkins
  13. Hound Dog – Willie Mae Big Mama Thornton
  14. Walking The Dog – Rufus Thomas
  15. Ooh Poo Pah Doo (Parts 1) – Jessie Hill
  16. Don’t You Just Know It – Huey “Piano” Smith & The Clowns
  17. Land Of 1000 Dances – Chris Kenner
  18. Lipstick Traces – Benny Spellman
  19. I’m Blue – The Ikettes
  20. Down Home Girl – Alvin Robinson
  21. Daddy Rollin’ Stone – Derek Martin
  22. Shake and Fingerpop – Jr. Walker & The All Stars
  23. Uptight (Everything’s Alright) – Stevie Wonder
  24. Show Me – Joe Tex
  25. Cool Jerk – The Capitols
  26. Wack Wack – Young Holt Trio
  27. El Watusii – Ray Barretto
  28. Oye Como Va – Tito Puente
  29. El Loco – Rene Touzet
  30. Louie Louie – The Kingsmen

 

notoriious